利点と注意点を知る


使い切った純正トナーのカートリッジ部分を洗浄から、よりコストを抑えたトナーを新たに詰め入れた再生品がリサイクルトナーであり、市場販売価格が純正品と比較して大幅に安価なメリットから、大きな経費削減効果に繋がると注目されています。

一方で純正品と比較した場合、プリントアウト時の画質が劣る、個体差やムラが生じる、機械の故障のリスクが高まるなど、複数のデメリットを伝える声が聞かれるのもまた事実です。これをメーカー側の自衛目的に基づく情報操作と捉えるのか、あるいは歴然とした事例が存在するのか、判断はエンドユーザーに委ねられており、万一不具合に遭遇したとしても、安易な責任転嫁は通じません。

特に高画質、美しい仕上がりを求められぬ、あくまで社内あるいは組織内での情報共有を目的とするプリントアウトであれば、リサイクルトナーの選択は確かな経費削減のメリットを届けてくれる消耗品としてお薦めです。対して画質の優劣が問われる場面に於いては、本格的な導入にいきなり踏み切るのではなく、試験的に採用から純正品との比較を十分に実践の上、コスト面やリスク面などを総合的に視野に入れ、どちらがベストであるかを的確に判断すべきでしょう。

何より単価が安価な消耗品への切り替えが、実際に経費削減効果を確かめられるレベルにまで反映されるには、やはり相応の期間を要します。この部分に固執し過ぎて効果を焦ってはなりません。

発注業者選択に際して

今日リサイクルトナーは全国各地の大規模家電量販店の店頭のみならず、インターネット市場でも専門業者が複数販売を展開しており、金額面と品質面を含めた自社ならではのサービスを武器に、新規リピーター獲得に余念がありません。ここで鍵となるのが、リサイクルトナーは再生商品であり、この再生行程の作業の質がそのまま商品の質に反映され、粗悪あるいは不十分な作業工程で再生された製品の場合、総茶から使用する機械へのダメージなどのリスクが否めません

格安商品として利潤を得る以上、当然再生過程に際しても、極限までのコストカットが為されていて当然であり、万一こちら最優先がトナーという重要な消耗品として求められる、最低レベルの品質を割り込んでしまっていては危険です。実際に製品の優劣を見極めるには、当然一定回数以上の使用が欠かせませんが、仮に不具合もしくはその兆候を確認した場合には、リスク回避の視点から速やかに使用を一旦中断するなど、安全面と確実性を優先する判断が求められます。その時に保証がついているかどうかも確認しておきましょう。リサイクルトナー販売を行っている“トナプロ”では、一年間の保証が付いています。こちらも参考にしてみてください。

こうした特徴を有するリサイクルトナーの調達先に関しても、複数の候補となる業者をピックアップから、総合的な検証を通じて絞り込む作業が求められます。安全確実に使用を継続出来てこそ、初めてリサイクルトナー導入のメリットが具体的に届き始めます。

注目のリサイクルトナー


会社あるいは個人経営を問わず、営利目的で活動を続ける事業に際しては、利潤追求のみならず経費削減が大きな要であり、何より自らの地道な実践が確実な効果を約束してくれる企業努力に他なりません。勿論あらゆる場所で過度な節約を実践する事と経費削減は別物です。対顧客や取引先あるいは見込客層に対し、明らかに負のイメージを先行して届けてしまうような節約は「間違い」であり、ポイントを正しく見極めてこその経費節減と捉えておかねばなりません。

更にこの努力が実際に数字に表れ始めるには、一定の継続的な実践が求められます。最低でも1ヵ月単位を数ヵ月連続して実践から、ようやく前後の数値面の比較が叶い、初めて効果を確認出来るため、思いつきだけの単発な試行錯誤では効果は半減以下となってしまいます。こうした経費節減という目的に向けての具体策を検証すれば、自ずと真っ先に実践すべきポイントが浮かび上がって来ます。

既にお気づきの通り「消耗品の倹約」に他ならず、第三者には気づかれにくい部分で経費を僅かずつでも継続的に抑え続ければ、仕事のレべルダウンを回避しつつの利益率の向上が確実に叶います。

ここでは今日殆どの事業所で必要不可欠な消耗品の1つである「トナー」に着目から、昨今人気のリサイクルトナー導入のメリットと、一方で懸念が囁かれるデメリットの双方を検証してみたいと思います。更には製品を発注する専門業者の選択に際し、ぜひ知っておいていただきたいポイントなども合わせてご紹介しますので、ぜひ最後までご一読から経費節減にお役立てください。