注目のリサイクルトナー


会社あるいは個人経営を問わず、営利目的で活動を続ける事業に際しては、利潤追求のみならず経費削減が大きな要であり、何より自らの地道な実践が確実な効果を約束してくれる企業努力に他なりません。勿論あらゆる場所で過度な節約を実践する事と経費削減は別物です。対顧客や取引先あるいは見込客層に対し、明らかに負のイメージを先行して届けてしまうような節約は「間違い」であり、ポイントを正しく見極めてこその経費節減と捉えておかねばなりません。

更にこの努力が実際に数字に表れ始めるには、一定の継続的な実践が求められます。最低でも1ヵ月単位を数ヵ月連続して実践から、ようやく前後の数値面の比較が叶い、初めて効果を確認出来るため、思いつきだけの単発な試行錯誤では効果は半減以下となってしまいます。こうした経費節減という目的に向けての具体策を検証すれば、自ずと真っ先に実践すべきポイントが浮かび上がって来ます。

既にお気づきの通り「消耗品の倹約」に他ならず、第三者には気づかれにくい部分で経費を僅かずつでも継続的に抑え続ければ、仕事のレべルダウンを回避しつつの利益率の向上が確実に叶います。

ここでは今日殆どの事業所で必要不可欠な消耗品の1つである「トナー」に着目から、昨今人気のリサイクルトナー導入のメリットと、一方で懸念が囁かれるデメリットの双方を検証してみたいと思います。更には製品を発注する専門業者の選択に際し、ぜひ知っておいていただきたいポイントなども合わせてご紹介しますので、ぜひ最後までご一読から経費節減にお役立てください。